LongtimEconomic weekly 著者くまさん

LTEが経済や投資や市場について考えている事やデータを元に色々記事を書いていきます

市場と向かい合う者がすべき事

ブログに残し読者に伝えたい大切な事だから記事にします

 

市場参加者の私がすべきだと考えるのは

「リスクを低下させリターンを得る事」

「生産性の拡大」

「マクロウォッチ」です

 

リスクを低下させリターンを得る事として

石川製作所を組み入れます

 

f:id:shiningwizard7:20170824161808p:image

 

石川製作所は600円を割ったら100株づつ買って

50円下がる毎に100株買えばいい銘柄で

3年から5年かかるけど1500円で売れてますね

少ない資金を転がす銘柄と思いました

急騰した仕手株は全て記録すると言う決断

私は潰れる事を視野に入れて

急騰した仕手株は全て記録するべしと

考えています

そして値動きも追いましょう

レイダリオ弱気転換

これはただモメンタムが弱いから記事が一人歩きしているだけです

短期的には弱気でも上昇トレンドは継続してます

広告を非表示にする

安く買いたければMJSQの9月8日まで待て

嫌な雰囲気はまだマックスではない

少し様子を見てください

日経平均に注意報発令!

ヘタ打ったら日経平均は18000円割れるんじゃないかな?

ヨーロッパの自動車生産のメインがEV車に

今回はヨーロッパの自動車生産の主力がEV車(電気モーター自動車)に置き換わることになりました

これは今年の7月25日NHKが報じたものです。私はこの報道を見て感じたことを素直に書きます。

ヨーロッパはなぜガソリン車からEV車の生産を変えようとしているのでしょう?

それはイスラム教が原油を掘削し原油を売り生活しているからです。つまりヨーロッパのイスラム教排除政策です。ヨーロッパは本気で

移民等によるイスラム教徒の拡大を危機だと感じ始めたようです

これはイスラム教徒がヨーロッパに入ってきた時から始まっていた争いが本格的になろうとしているのです。

私たちロングタイムエコノミックはこの自動車生産のメインがEV車に変わることにより投資の対象を拡大したり新たに銘柄を選別する事は一切ございません

これはEV車が自動車開発の過程により進化して生まれたものなどではなくただのイスラム教とヨーロッパの戦いの末ヨーロッパが選択したものの1つに過ぎません

したがってこの話は日本のマスコミが話してるようなことや自動車会社が話しているそのような馬鹿げた話ではありません

 

これが私が話題として違和感があり引っかかったので、今回このブログに記事としてピックアップいたしました

この1週間を振り返る

私はこの1週間を純粋に自分が感じたものの中で振り返る事が出来ます

マネージメント 

ツイッターアカウントは

@LTEINVEST

だが、このアカウントは江守氏とlongtimeeconomicしかフォローしておらず

純粋に私の感性を振り返り見る事が出来ると

考えて作った仕組みである

 

トランプ大統領の話と北朝鮮の話は

私の考えや思考ストラクチャーの中では

単純な突リスクだと処理され二者間に何が起こっても淡々と処理される計画である

 

そう言えば日本時間8月15日am10 00に

ソロスファンドは空売りをしているリリースをロングタイムエコノミックは記録しそれ以降

ニューヨーク市場は下落している

 

ロンドンで日本時間8月15日17 25 に地下鉄で爆発音と発煙 乗客避難とある

また翌日は空港付近の爆発が起こっている

 

と今週はヨーロッパ、特にロンドンは悲惨だと感じました