LongtimEconomic weekly 著者くまさん

LTEが経済や投資や市場について考えている事やデータを元に色々記事を書いていきます

1$は65円になるか?

日本政府は近い将来、日本国債の直接引受を日銀に受けさせ

国家予算が最大規模を更新しポピュリズムに答える形で

年間国家予算が今の150兆円以上に10年以内になると思います

 

その時にやはり景気は良くなるでしょうが

外国人の投資家は円をドルに利食いするでしょうし

消費には輸入しますから

本格的な円安相場は直接引受が始まると思われる2019年〜2021年辺りから始まり

それはニクソンショックからの移動平均線までの円安を想定しています

その値は具体的には現在551ヶ月移動平均線となり大体160円であると考えております

 

日本が円安にならずこのまま円高で経過出来るとはどうしても考えられません

 

またドルは政府や民間の債務規模が約60兆ドルを超えてきました

 

GDPの300%ですから債務が一部で大きく破綻すると社会が崩壊する債務危機になりますね

ですから債務危機を脱する為に莫大な量的緩和を米国も行いますよ

 

円安1$160円のリバースを経てから1$65円だと考えているのです

 

これは1$65円になると言っているのではなく

1$65円に向かうベクトルがいずれ掛かると言っているのです