LongtimEconomic weekly 著者くまさん

LTEが経済や投資や市場について考えている事やデータを元に色々記事を書いていきます

グリンスパン議長の債券発言を受けて

債券バブル崩壊とは利回りが急上昇することを示しますが

米国債券の利回りが急上昇する局面とはどう言う局面でしょうか?と考えて見たんです

 

それはドル安が進んでいく局面とインフレ率が上昇していく局面です

 

米国インフレ率とWTI原油価格との相関関数は0.97でコレはもう覚えて下さい

 

米国インフレ率=原油価格

です。

 

そしてIMFは米国インフレ率が今年+2.4%だと言っている

 

ドル安政策を推進する米国でインフレ率が2%を超えて来たら今の金利水準で1.355%の2年債券を買えるか?

 

選択の余地は投資家には山ほどある

 

そして短期で結果を求められるプレーヤーほど

身動きは早いなら

結果を求められる方ほどパフォーマンスを望むなら

 

いずれ債券は金利水準が高く上がっていくしかないと思うのです