I SAid

ブログの内容を参考にされる際には自己責任でお願いいたします

日本国債の破滅シナリオ

 

メジャーな方は

日本国債の議論は恐いものでしょうから

私のような零細な者が

日本国債の破滅シナリオの話をします

 

私たちは異常な量的緩和によって今の日本の財政バランスを得ています

 

果たして日本に高水準福祉は永遠に続くのか?

日本国債は年間80兆円をマックスに

国債を日銀が買い入れています

 

 これは年間40〜50兆円も買えば最近の

財政や経済状況ならば何とかなりそうですが

 

いま米国債務危機が発生しようとしております

 

これによって始まるドル安、それに関連して原油価格上昇や商品市場にドルが流入した場合どうしても日本は量的緩和をしていますからドル安のペースが遅く

コモディティ高になってしまいます

コモディティ高は生活費が高騰します

 

インフレの発生です

 

インフレの発生はそれ自体が低金利債券を投げさせてしまうのですが

それだけでなく

年金がインフレに連動しない今の制度では老人は年金で生活出来ないとなったら

老人は預金を引き出します

 

銀行預金が国債の購入資金なのですから

預金の引き出しは国債を売ることに繋がります

 

またインフレは企業が使うお金を増やします

よってより銀行預金から預金が流出する事態になりかねません

 

これがGDPにインフレ率が掛けられ

余計に出る預金流出分はGDPに比例し大きくなります

 

債務が増える量>生産性の向上

となった時に

 

債務拡大>生産性の向上

①債務拡大を日銀がマネタリーベースの拡大で受入

②インフレが資源や食料の生産国や基軸通貨国で発生、基軸通貨ドルの安値政策またはドル安相場発生

③円安と低金利で債券の価値下落発生

日本国債金利上昇

④インフレにより銀行預金が流出する

⑤銀行が債券の時価下落により破綻が始まる

スタグフレーションの開始

そして政府は福祉政策を止めるのか

続けるのか?分かりませんが

続けるならばインフレが拡大し

やめるならばそれなりのダメージを

様々な方が受けるということです

また金利が上昇しますから企業も存続が危うくなり

結局日銀が利上げを強いられるでしょう

マネタリーベースを拡大しながら

金利を上昇させ

12%辺りで止まればいいし

円安をアメリカが容認したら

1$158円という流れになるでしょうね

 

追記

ツイッターに日本国債の破綻の定義を追加ツイートしました

そちらも併せてご覧ください