I SAid

ブログの内容を参考にされる際には自己責任でお願いいたします

景気サイクルリポート

この記事を更新します

先ず最近の株式と債券の動きを見て

2007年のサブプライムローンによる米国崩壊に注目したいと思います

確かあの時は短期サイクルは25日移動平均を介した底から更に下値の底をつけるまで2ヶ月サイクルを繰り返してながら2008年3月、225は11691まで行きました

2月16日は225の25日と50日のデッドクロスが確定しましたから短期サイクルのトレーダーが全て投げスイングの空売りリスクヘッジを含めた買い戻しによって戻っている相場に私は見えます

しかし上げ相場は長くはないと考えます

まだ初動なのでサイクルは掴めませんが

債券崩壊とリーマンショック

似た動きをするはずです、つまり大暴落するのです。大暴落とはかなり酷い株価を見ると考えております

 

特に日本は

 

トランプ大統領の貿易紛争、経済的攻撃

世界的ブロック経済の始まり

オリンピック終了後の地政学リスク開示

2018年6月、日銀財政政策の限界と転換

米国発債務危機、債券と株式市場のバブル崩壊とドル安

ドル安発インフレ懸念

 

これらの世界経済の懸念と

ローカル問題が日本に直撃します

ですから日本株は買方の私からすれば嬉しい事態ですし空売りが続々と入りますから現在ポジションを持つ方の痛みは激しいモノになると思います

 

25日移動平均線までは戻る可能性は常に有りますが

やはり2015年8月から2016年6月までの動きが少し役に立つのではないでしょうか?アレが日本株から外国人が逃げる姿ですから