I SAid

ブログの内容を参考にされる際には自己責任でお願いいたします

長い戦い

貿易戦争の勝者は存在しないのか?

存在する、今回はアメリカだ

少なくとも日本の世の中は貿易戦争と言う事を甘く見ている

何故なら貿易戦争と聞いて震え上がっていないからだ

アメリカは貿易戦争を前回は1935年から1940年まで5年も貿易戦争とブロック経済を行なっている

今回はアメリカの債務がきちんと整理されたり雇用を確保する為に

10年も貿易戦争を行うかもしれない

 

日本で民主党政権下での2009年の8月30日から2012年の11月までの景気沈没地獄を思い出してほしい

 

 

あれを超える不景気または恐慌がやって来た上にインフレと言う地獄が数年でやってくる深刻な事態がトランプ大統領が言うブロック経済、貿易戦争だ

 

景気は慎重に良くなるのに時間はかかるのに

景気が悪くなるのには時間が

かからない

何人も自殺者が出る、どんなに頑張っても浮上しない景気

社会保障も脆弱となり増税は止まらない

おまけにインフレなのに

仕事は無い

私達が導かれる暗黒の未来を記そうと思っている

否定したければ構わない

もし矛盾や情報に間違いがあり

全ての信頼性がどうだろうか?と疑問を持っても構わない

ただ私は危機は待つだけ待っていたから

現実にやってくるのは遠くない未来

今から2年と言う時でも違和感はない

その時には厳しいと思っている

 

長い戦い

 

アメリカ大統領 ドナルドトランプが仕掛けた
「長い戦いの計画」だ
トランプ大統領誕生を機に米国は戦略を切り直したのではないか?
と考えている

 

アメリカに高い関税をかけて

自国の高い労働者を使うならインフレになる。インフラ整備の資金のメドをつける前に米国債を刷ればインフレや金利上昇になる

アメリカはインフレに舵を切っている

アメリカは大丈夫なのか?

大丈夫だ。もちろん犠牲は出る

だが犠牲者はディープステイトの連中だからトランプ大統領にとっては問題ないし

インフレで生活が苦しくても

働くと良いのだ

アメリカでは将来アメリカ人しか働けなくなるに近いだろう

 

このインフレは累積貿易赤字や巨額債務を整理する。


またブロック経済は富とアメリカの巨大な消費の恩恵を他国と分け合わず

貿易黒字を奪って他国を衰退させると同時に米国をリカバリーさせる

 

 

良く考えたら全てがアメリカだけに

合理的だ

 

ドル安、貿易赤字解消、米国債の価値も減るから日本や中国の米国債を気にする必要も無くなる

 

その上、原油もアメリカから出るようになったグローバル経済である必要もドルが基軸通貨である必要も無い

 

グローバル経済はアメリカが孤立主義を始めるなら

アメリカのグローバル経済ラインは破壊されるだろう

 

グローバル経済を推進する物は
全て叩き壊されます
だから
アマゾン
フェイスブック
アップル

叩き壊されてるでしょう?

グーグルだけ攻撃されてるか見えないけど

世界はアメリカにとって一つでなくて良いのです

だからアメリカのIT企業はまだまだ攻撃されます

 

ソフトバンクなんかどうなんでしょうね

インフレとITへの攻撃が見えた以上

投資出来ませんね

ただソフトバンクって

14兆円くらい借金ありますね

インフレになったら返せるのでしょうか?

 

何故アメリカはグローバル経済を否定して孤立主義に走るのか?
アメリカの巨大な消費が
後進国に富をもたらし
後進国や中東が強くなり過ぎた
もしアメリカが孤立主義を10年行うとどうなるだろう?
世界に富がもたらされないが故に世界は恐慌になり貧困や破産が多発し
全ての国力が悪化するが
長い時間の先にはアメリカの国力が回復する

 

つまりアメリカにとって孤立主義

貿易戦争とは

債務整理、富の復活、雇用確保

社会の復活、貧困や破産の輸出

平和的な国際的地政学リスクの

兵糧攻めによる解決と

全てが良い事ばかりなのだ

しかし中には反米感情を起こす国も

出てくるだろうし攻撃もあるかもしれないが美しい報復を最新兵器で行うと良いのだ

また他国は貧困に陥るので

軍事的攻撃により侵略も容易くなる

 

これが5年から10年、貿易戦争と孤立主義を米国が国策で行う理由だと考える